ゴールドカードの作り方

高ステイタスのゴールドカード紹介します。

ステータスのあるクレジットカードとは?

ステイタスがあるゴールドカード

クレジットカードにはステイタスカードというものがあります。ハイグレードのサービスを持つカードで、カード会社が優良と認めた顧客だけが持つことができる、それがゴールドカードです。
一般カードよりも年会費は高くなりますが、高ステータスにふさわしいサービス内容と、持っているだけで支払い能力や社会的な信用を得られるところが大きな魅力です。

選択肢が増えたゴールドカード

ゴールドカードはそのサービスや補償の内容に比例して年会費も1万円以上と一般カードよりも高額ですが、現実に持てないほどのクラスではありません。30代以上の顧客に向けた従来のゴールドカードと並行して、若い層向けに2,000円~5,000円ほどの年会費で作れるゴールドカードも発行されています。
若い層向けのカードといってもグレードはゴールドですから、審査は一般カードよりも厳しくなります。また、従来のゴールドカードに比べて、利用限度額や旅行保険などの補償金額が少ないといったサービス面での違いもあります。

若年層向けのゴールドカードには、30歳になると一般のゴールドカードにランクアップするものもあります。高額・高スペックの一般ゴールドカードを持つ前に、比較的身近な若年層向けのゴールドカードを持ってみるという選択もできるでしょう。

ゴールドカードからより上位のカードへ

ゴールドカードは、よりハイグレードなカードを持つための足掛かりにもなります。ゴールドカードの利用で信用を上げれば、カード会社から上位カード加入への招待が来ることも夢ではありません。

上位カード招待の条件は利用実績以外にもあるようですが、正確なところは不明です。また現在では自分から加入を申し込めるプラチナカードも出てきました。しかし、加入するにはプロパーカードを持ち、定期的に一定以上の利用を続けてトラブルなく支払いをしていることが絶対条件になります。

より加入条件の厳しいハイグレードなカードを持つことは、対外的な信用もアップさせます。
いつかはプラチナをと考えているなら、その前段階としてゴールドカードは必携です。

 

ゴールドカードを持つならこのカード

三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード

抜群の知名度を誇る三井住友VISAカードの最高クラスのゴールドカード。年会費は初年度無料!2年目以降10,500円(条件により割引)。一般カードよりポイントが貯まりやすい上、三井住友VISA最高クラスのサービスとゴールドデスク、空港ラウンジなどが利用できます。国際ブランドVISAは、国内はもちろん、海外でも利用場所に困ることがありません。
>>三井住友VISAゴールドカード詳細はこちら

MUFGゴールドカード
MUFGゴールドカード

年会費2,000円、ネット申し込みで初年度年会費無料というコストパフォーマンスの高いゴールドカード。
年齢制限はなく、最短で翌日のスピード発行が可能!
空港ラウンジサービスはカットされていますが、国内外の旅行保険は最高2,000万円を補償、その他の付帯保険も充実。24時間年中無休のコールセンターでサポート体制も充分です。
>>MUFGゴールドカード詳細はこちら

クレジットカード選びカテゴリ

アフィリエイトサービス