ETCカードの作り方、作成方法・おすすめカード

高速道路利用では欠かせないETCカードの作り方を紹介します。

マイレージもついてドライブがお得に!

ETC料金所

ETCは、高速道路などの有料道路の料金所で、無線で自動的に料金の支払を行うシステムです。
一般の料金所レーンが支払い待ちの車で混雑しているときも、ETCカードがあればノンストップで通過でき、支払いの手間や時間の無駄を省けます。

ETCカードを使うと早朝・深夜の料金割引や各道路会社が設定する割引が適用され、また事前登録をすることでETCマイレージも貯まり、お得にドライブを楽しめます。
このカードと車載機の組み合わせは自由で、どのETCカードと車載機を使っても、サービスに違いはありません。
法人向けETCカードなら経費削減にも役立ちます。

クレジットカードがあればすぐに作れる

ETCカード

ETCカードは、加入しているクレジットカードの追加カードとして発行される形が主流です。

  1. 新規にクレジットカードを申し込むときに、同時にETCカードの発行を申し込むことができます。
  2. 既に持っているクレジットカードから追加で発行をすることもできます。

 

どちらも電話、インターネット、郵送等で申し込みてできます。
審査などはクレジットカードの発行時に済んでいますから、ETCカードは申し込むだけですぐに発行されます。

親となるクレジットカードによっては無料で発行できるETCカードもたくさんあり、1枚のクレジットカードから複数枚のETCカードを発行できるサービスもあります。

通行料金の請求は、クレジットカードでのショッピングの請求と同様に行われ、毎月の引き落とし口座から支払われます。

パーソナルカードならクレジットカード不要!

クレジットカードは持たない主義の方には、ETCパーソナルカードがおすすめです。
これは高速道路会社が共同で発行するETCカードで、年会費と保証金が必要になりますが、各種割引やETCマイレージのサービスも通常のETCカードと全く同様に受けられます。

保証金と言うと面倒ですが、これを預けることで、クレジットカードのような信用審査が不要となります。
審査をしないため、個人信用情報機関の利用や登録も、ETCパーソナルカードでは行われません。誰でも発行が可能なカードです。
このカードで利用した通行料金は、本人名義か、生計を共にする親や配偶者、または子どもの名義の口座から引き落とされるシステムになっています。

 

ETCカード これがおすすめ!

どのETCカードを選んでも機能自体に違いはありませんが、親となるクレジットカードの違いによって、手数料や使い勝手に違いが出てきます。
その中で、人気が高く、多くの方におすすめできるETCカードを厳選しました。

ライフカード
ライフカード

年会費無料で高還元率のライフカードは、ETCカードも発行無料です。 誕生日月5倍ポイントに加え、ボーナスやステージ制でどんどんポイントがたまります。
>>ライフカード詳細はこちら

JCB EIT カード
JCB EIT

JCB EITカードも、本体のクレジットカード、ETCカード共に永年年会費無料。 旅行保険やセーフティ保険など、プロテクトも充実しています。
>>JCB EITカード詳細はこちら

楽天カード
楽天カード

一般の楽天カードでは、ETCカードは年会費540円が必要ですが、楽天ポイントクラブ会員のランクがダイヤモンド、プラチナの方は、年会費が無料に。 ETCカードの利用で楽天スーパーポイントも貯まります。
>>楽天カード詳細はこちら

クレジットカード選びカテゴリ

アフィリエイトサービス