銀行系クレジットカードの作り方

審査が厳しく信用性が高い方が持てる銀行系カード。

信用の高い銀行系クレジットカード

銀行系のクレジットカードは、ほかのカードに比べて審査が厳しいと言われています
年会費も取られますが、それだけ信用度の高いカードと見られていますし、ダイナースクラブカードや三井住友プラチナカードのようにステータスの高いカードもあります。

銀行系がクレジットカードの主流

三井住友、三菱東京UFJ、りそな、みずほなど、それぞれの銀行には、その銀行グループに属するカード会社があります。 そこで発行しているクレジットカードを銀行系クレジットカードといいますが、クレジットカードの系列で見ると、国内ではこの銀行系が最もカード発行枚数が多く、クレジットカードの主流となっています

JCB、三井住友、UC、NICOSなどのカードが銀行系クレジットカードです。 上記は国内系のカードになりますが、外資系ではアメリカンエキスプレス、シティ(ダイナース)が銀行系クレジットカードです。 銀行法の改正を受けて、1982年以降にはグループ会社を通さずに銀行本体が発行するクレジットカードも出てきました。

一般カードなら取得は比較的容易

銀行系のカードは審査基準が厳しいと言われますが、ゴールドカードやプラチナカードでない限りは、一定以上の収入が継続してあり、支払いの延滞などの履歴がない人なら、特に問題なく、銀行系のクレジットカードを作ることができます。

住宅ローンの相談をした時などに、その銀行系列のクレジットカードを紹介されることも多いようです。 持ち家の購入は与信審査でも評価されますから、銀行としても安心して加入をすすめられるということでしょう。 クレジットカードに加入した後、その銀行にリフォームや自動車ローンの融資相談をしたところ、スムーズに話が進んだという声もあります。

三井住友VISAカード

銀行系カードの定番中の定番!VISAといえば三井住友VISAカード

三井住友VISAカード
当サイト限定キャンペーン中
最大10,500円分相当
プレゼント!

三井住友VISAカードなら年会費無料で銀行系カードが持てる!(通常1,250円※年に1回カードを利用で無料)さらに、海外旅行保険、ショッピング保険が付帯!ネット申込みならカード発行まで3営業日!とスピード発行も可能。銀行系なので一般カードの中でもステイタス性が欲しい方やゴールド、プラチナとこれから将来に向けカード実績を積みたい方におすすめです。 
>>三井住友VISAカード詳細はこちら

ステータスと充実したサービスが魅力

たいていの場合は年会費がかかるため、若い方の中には銀行系以外の無料のカードを作りたいと考える人も多いようです。 逆に銀行系やゴールドカードなどのある程度のステータスがあるクレジットカードでは、利用可能額の高さや、旅行傷害保険の付帯など、年会費を払うだけのサービスがついているという加入者もいます。

例えばゴールドカードでは、航空券やチケットの購入代行、数千万円から最高額で1億円の旅行保険が付帯されているなど、高いサービスを受けられます。 また法人決済のできるビジネス向けのゴールドカード、プラチナカードもあり、機能やサービスにプラスして、ビジネス上の信用も得られるという魅力があります。

とはいえ、年会費無料でもポイントやマイルが貯まる銀行系カード(JCB EIT)もあります。 どのサービスに利用価値があるかは利用者ごとに違うため、支払った会費に見合うだけのサービスがそのカードにあるかどうかが、銀行系カードを選ぶ時のポイントになりますね。

クレジットカード選びカテゴリ

アフィリエイトサービス